防音工事の工期と価格

完成までの流れ

主な実施内容
●既存建物の遮音性能測定
  (新築の場合は、経験則による想定)
●既存建物の音響特性の測定  (新築の場合は、経験則による想定)
●建物構成部材の固有周波数の想定
●室空間の振動モードの検討/前室との関係
●室寸法の測定
●御要望のヒアリング

主な実施内容
●プレゼンテーション →概算お見積/プラン図面/イメージパース等提出の上での、御打合せ。
●内容のご説明    →構成部材の説明
●パースにてイメージおよび工事障害物の確認
●遮音性能についての簡易可聴化シュミレーション
●ご予算の調整 ●再検討
●工期の検討
●集合住宅(マンション)等の場合、管理組合との調整などの打合せ

主な実施内容
●最終的な微調整および、オプション工事の追加など
●御要望の再確認
  ご納得のいかれるまで、何度でも
●お見積の再調整・オプション工事の有無の確認
  →よくあるオプション・・・インターフォン 火災報知器 カーテン・ロールスクリーンなど・・・

主な実施内容
●工事ご契約
  工事申請書等各種必要書類の作成 近隣ご住居へのご挨拶
●工事の着工
  プライベートスタジオ、ピアノ防音室、ドラム防音室などの防音ルーム工事で、約2~3週間程度
 パネル製法(ユニット式)であれば数日程度

工事の竣工・お引渡し
  遮音性能測定および、工事内容確認のお立会い
  工事完了引渡書にサインを頂きお引渡し
  1年後・無料メンテナンス(内容によっては有料)

価格

※パネル製法(ユニット式)の価格に関しましてはお問い合わせください

木造6畳

木造在来工法及び2×4工法、S造など外部への遮音性能として

遮音性能価格
D- 40150 万円 程度
D- 45180 万円 程度
D- 50200 万円 程度
D- 55220 万円 程度
D- 60250 万円 程度
D- 65330 万円 程度
D- 70350 万円 程度

これ以上は、建物自体の遮音性能に影響されます。 木造建築物の場合、建物自体のピアノや防音室の荷重を支える補強工事が必要となる場合があります。 約10万円~30万円程度

コンクリート造(マンションなど)6畳

RC造、SRC造など外部への遮音性能として

遮音性能価格
D- 50150 万円 程度
D- 55180 万円 程度
D- 60200 万円 程度
D- 65220 万円 程度
D- 70250 万円 程度
D- 75330 万円 程度
D- 80350 万円 程度

これ以上は、建物自体の遮音性能に影響されます。 必要な遮音性能により、上記を目安に費用は変動します。

音楽ホールやライブハウス、リハーサルスタジオ、医療機関や研究機関などはお問い合わせ下さい。