リハーサルスタジオ設計


■立地条件について


必要な遮音性能の検討@
  立地条件による、遮音性能Lvの検討
  ●暗騒音レベルの測定および予想
  ●各自治体や、用途地域別に定めのある騒音規正法との比較・検討
  ●東京都の騒音にかかわる規制法
  ●隣接する建物との位置関係
  ●建物の持つ既存の住宅遮音性能の検証・測定〈新築の場合は、構造部材によるデータでの検証〉


■使用条件について


必要な遮音性能の検討A
 テナントなどの場合、同建物内への漏音
  ●建物の管理規約等での楽器や、音に対する特記事項
  ●近隣テナントご住居者様とのご関係
  ●他ブースやロビーなどへの漏音をどの程度に抑える必要があるのか
  ●生活時間の変遷による、演奏時間帯の変化


■発生音源となる音の想定


●使用される楽器の種類
●使用される楽器のメーカー・詳細の種類

楽器による音の特性の検討

●楽器の演奏経験年数
●プロ活動の有無
●室空間でのバンド活動の有無や、プレイヤーの数 (通常〜人・最大〜人)

空気の圧力変動の増加による、
音エネルギーの加算

●主な演奏時間帯
●アンプやスピーカーなど電気音響機器、またはオーディオ機器の使用について
●主な音楽ジャンル


と上記のような内容をお伺いしながら、発生する大体の音LVの想定を行います。
(実現が可能な場合には、実際の測定を行います。)


■音源の減衰量の想定


上記にて特定・想定した音源を、どの程度減衰(遮音・吸音により)させる必要があるかの検討


音楽ホールの遮音性能

遮音性能
D−65
D−60
D−55
D−50
D−45
D−40
D−35
D−30
D−25
D−20
D−15
ピアノ、ステレオ等の大きい音
通常では聞こえない ほとんど聞こえない かすかに聞こえる 小さく聞こえる かなり聞こえる 曲がはっきり分かる よく聞こえる 大変よく聞こえる うるさい かなりうるさい 大変うるさい

プロのピアニストの場合は1ランク左にずれます。

ホールや舞台、シネコンなどは運営規模により大きく異なってまいります。


実際の音楽ホールの設計コンセプトはこちらからお問い合わせください。
ダウンロードコンテンツ・無料お見積もり・お問い合わせはこちら

防音室、防音工事の昭和音響