オーディオルーム、シアタールーム防音工事設計 オーディオ/シアタールーム設計


■立地条件について


必要な遮音性能の検討@
  立地条件による、遮音性能Lvの検討
  ●暗騒音レベルの測定および予想
  ●各自治体や、用途地域別に定めのある騒音規正法との比較・検討
  ●東京都の騒音にかかわる規制法
  ●隣接する建物との位置関係
  ●建物の持つ既存の住宅遮音性能の検証・測定〈新築の場合は、構造部材によるデータでの検証〉


■使用条件について


必要な遮音性能の検討A
 マンションなど、同敷地内住居への漏音
  ●マンションの管理規約等での楽器や、音に対する特記事項
  ●近隣ご住居者様とのご関係


 同居されるご家族への配慮
  ●室内への漏音をどの程度に抑える必要があるのか
  ●生活時間の変遷による、演奏時間帯の変化


■発生音源となる音の想定


●使用されるオーディオの種類
●使用されるオーディオのメーカー・詳細の種類

メーカによる音の特性の検討

●スピーカーの数
●お好みのジャンル

空気の圧力変動の増加による、
音エネルギーの加算

●主な使用時間帯
●ステレオ、5.1ch、7.1ch


と上記のような内容をお伺いしながら、発生する大体の音LVの想定を行います。
(実現が可能な場合には、実際の測定を行います。)



■音源の減衰量の想定


上記にて特定・想定した音源を、どの程度減衰(遮音・吸音により)させる必要があるかの検討


オーディオ/シアタールームの遮音性能

遮音性能
D−65
D−60
D−55
D−50
D−45
D−40
D−35
D−30
D−25
D−20
D−15
ピアノ、ステレオ等の大きい音
通常では聞こえない ほとんど聞こえない かすかに聞こえる 小さく聞こえる かなり聞こえる 曲がはっきり分かる よく聞こえる 大変よく聞こえる うるさい かなりうるさい 大変うるさい

プロのピアニストの場合は1ランク左にずれます。 日本建築学会より



実際のオーディオ/シアタールームの設計コンセプトはダウンロードコンテンツをご覧ください。

ダウンロードコンテンツ 目次
防音工事の秘密●オーディオ/シアターの空間デザインについて・・・
●バッフル面の検討・・・
●構造下地材の検討・・・
●収納・家具について・・・
●サウンドロック  2重扉にすることのメリット・・・
●大事なインフラである、電源について・・・
●リスニングルームの基本的な形状・・・
●設計のポイント・・・
●実際の設計・施工例・・・


ダウンロードコンテンツ・無料お見積もり・お問い合わせはこちら
ダウンロード手順

防音工事・防音ルームプラン


〜ダウンロードコンテンツご利用のお客様および、無料御見積をご希望のお客様へ〜
※ 教えていただきました御連絡先に弊社、担当コンサルタントから一度お電話にて、御連絡させていただきます。
※ 御連絡先は、連絡のつきやすい電話番号を、ご指定いただけるようにお願い致します。
※ 御連絡のできないお時間帯をご指定いただければ、その時間帯の御連絡は避けさせていただきます。
※ 御連絡に関する注意事項をご確認の上、同意いただけた方のみ、弊社ダウンロードコンテンツ・無料御見積サービスをご利用ください。
※ 内容の著作権は株式会社昭和音響に帰属し、厳しく管理しております。コピー、転載等は一切認められません。

防音室、防音工事の昭和音響
防音工事 無料見積
ピアノ防音室ドラム防音室管楽器練習室弦楽器練習室オーディオルーム、シアタールーム 音楽スタジオ、ミュージックサロンライブハウス音楽ホール