健康住宅をお考えの方へ

健康住宅とは

住宅建材などから出る化学物質が原因で身体の不調が起きるシックハウス症候群(シックビル症候群〈sick building syndrome〉からの派生語)を予防するため、2002年7月、建築基準法が改正され、これにより、汚染源である2種類の化学物質の使用が禁止または制限されることとなった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

有害な物質やハウスダストが発生しないように考慮された住宅の事で、近年需要が高まりつつある住宅の事です。昭和音響では、ご希望のお客様には自然素材を使用した防音室リフォームのご提案が可能です。

床材には無垢材、壁は珪藻土を使用するなど、予算に合わせてご提案させていただいております。

無垢材の床の貼り作業

無垢材のバーチ材を使用したフローリング施工の様子。バーチ材とはカバノキ科の広葉樹の建材のことで、日本では「カバザクラ」などとも呼ばれています。集合材や合板に比べ接着剤を使っていないので調湿性があり、強度が高く、家具材などのほか、スピーカーなどにも広く使用されています。

漆喰の壁

良質な室内環境を維持するために、自然素材の漆喰珪藻土などもございます。室内の湿度を調整する機能や水蒸気を通す性質が高く、体に悪影響な物質が少ないのが特徴です。

珪藻土の塗り準備完了
左官による塗り作業

断熱材について

羊毛断熱材

アトピーやアレルギーをお持ちの方にも効果が期待できるのが天然の羊毛を使った断熱材です。カビやダニの発生を抑え、シックハウスの原因となるホルムアルデヒトを含んでいません。有害な物質がなく、発がん性もないため、近年、自然素材の家などに広く使われはじめています。

昭和音響ではお客様のご要望に合わせて自然素材を使った防音室リフォームが可能です。お気軽にご相談ください。