住宅やオフィスなどで騒音が気になるケースは多々あります。生活音が気になる、電車や車が行き来する音が気になる、自分や家族が発する音、演奏する楽器の音、テレビの音などが苦情につながらないか気になるなどの心配ごとがあります。
騒音から近隣トラブルに発展するケースも多く、ちょっとしたトラブルから大きな問題につながってしまうかもしれません。

今回は防音対策を考える際に大切な防音、遮音、吸音について、それぞれの違いや騒音対策について解説します。

防音・遮音・吸音のそれぞれの違い

 

防音とは、遮音や吸音などの総称

防音とはその文字の意味のとおり、音を防ぐことを指します。
防音対策とは内部の音が外部に漏れるのを防いだり、外部の音が内部に侵入してこないような対策を意味します。また、遮音や吸音は防音の方法の一種です。

防音材という言葉がありますが、実際に防音材とされる素材はなく、音を遮ることで防音する素材、音を吸収することで防音する素材などをまとめて防音材と呼びます。
これらの素材はそれぞれを一つだけ取り入れるのではなく、環境や目的に応じて複数種類を取り入れることで防音効果を高められます。
きちんと防音対策をするためには、遮音と吸音の違いを正しく理解しておくことが大切です。

遮音とは、音を遮って防音すること

音は空気を伝って人の耳に届きます。遮音とは空気中に伝わる音を遮断し、一定の場所から向こうに届かないようにする防音方法です。
壁や窓などがあると遮音性は高まりますが、それでもすべての音を空気中で遮れるわけではありません。より遮音性を高めるためには、コンクリートなどの密度が高く重たい壁を設置する必要があります。
質量が大きければ大きいほど遮音性は高くなりますが、その分跳ね返る音が大きくなる、本来の音が聞き取りにくくなるというデメリットもあります。

吸音とは、音を吸収し拡散すること

吸音とは、音を吸収して拡散することを指します。
スポンジのような穴がたくさん空いた素材は音を吸収しますが、すべての音を吸い込むわけではありません。吸い込みきれなかった音は内部に反射したり、外部に通り抜けたりして拡散していきます。
吸音材を設置すると何もない場所や簡易な壁のみを設置した場所よりも、防音性は高くなりますが、防音効果を高めたいのであればまず遮音性の高い素材を取り入れ、さらに強固なものにするために吸音性の高い素材を取り入れることがおすすめです。

防音対策のためにできること6選

防音対策のためにできること6選

自宅やオフィスなどで騒音に困っている、騒音トラブルの原因になりたくないという方は、防音対策のためにできることを取り入れていきましょう。
簡単にできる方法から建設段階で気を付けたいことまで、防音対策としてできる方法を6つ紹介します。

1. 外部からの騒音をカットする

電車の線路が近くにある、大きな国道や高速道路が近くにある、幼稚園や学校などの施設が近くにある場合、外部からの騒音が気になることが多いです。
静かに暮らすため、集中して仕事をするためには外部からの騒音をカットする防音対策が必要です。
騒音が気になる方向の壁を厚くする、防音材を取り入れるといった方法はもちろん、防音性の高いガラスやサッシにする、窓を二重構造にするといった方法もあります。
窓からは音が入ってきやすいため、騒音が気になる方向に窓を作らない設計方法もおすすめです。

2. 室内の騒音をカットする

楽器を演奏したい、小さな子どもやペットがのびのび暮らせる家にしたい、音楽教室を開催したいなど、室内での音が気になる場合は内部からの騒音が周囲に広がりにくいような防音対策も重要です。
立地条件によっては洗濯機や掃除機の音にも配慮しなければなりませんし、働き方が多様化する昨今においては午前中だから大きな音を出しても大丈夫という風にはいきません。
防音性を高めるためには壁だけでなく床や天井にも遮音性、吸音性の高い素材を取り入れる必要があります。
室内の仕切りをできるだけ多くすることも防音対策に役立ちます。
また、排水管を伝わって浴室、キッチン、トイレの音が外部に漏れることも多いため、排水管周りの対策も考えなければなりません。

3. 建物の構造から防音対策を考える

これから家やオフィス、店舗を建てる場合は建築構造から防音対策を考えることもできます。
木造よりも鉄筋コンクリートの方が密度が高く、防音性に優れています。
壁や床、天井に防音性の高い素材を取り入れたり、大きな音を出すための音楽室やホームシアターを最初から作ってしまうこともおすすめです。
また、道路や線路など大きな音が気になる側に窓を作らず、玄関や中庭を反対側に向けて作ることも防音対策に役立ちます。
日当たりや風通しなどを考慮した上で、騒音が入ってこない、そして周囲に迷惑をかけにくい設計を考えていきましょう。

4. 遮音材、吸音材を導入する

鉄筋コンクリートを用いた構造では生活音ならある程度の防音ができますが、それでも完璧ではありません。
遮音材、吸音材を取り入れることでさらに防音性を高められます。木造住宅でもこれらの素材を取り入れることで、ある程度防音効果を得られるでしょう。
建築の段階が済んでいても、なかには簡単に取り付けられる素材もあり、後から防音性の高い部屋にすることも可能です。
DIYで簡単に取り付けられる防音材を取り入れるのはもちろん、業者に依頼して防音性を高めるリフォームをするのもおすすめです。

5. 簡易防音室を設置する

楽器を演奏したい、歌を歌いたいなど、特別な理由で防音室を作りたい場合は簡易防音室という選択肢もあります。
完璧な音楽スタジオのような防音室を作るためには数十万円から数百万円の高額な費用がかかりますし、建物の設計上、土地の都合上防音室を作れないケースも多いです。
簡易防音室なら一人でも組み立てられるものが多く、一人分程度のスペースをしっかり防音してくれます。

6. 今すぐできる簡単な防音対策を取り入れる

リフォームをしたり防音材を購入、設置する余裕がないという場合は簡単にできる防音対策を取り入れるのもおすすめです。
厚手のカーペットを敷く、厚手のカーテンを取り付ける、音を防ぎたい方向の壁に家具を多く並べるといった工夫でもある程度防音性を高められます。
周囲に迷惑をかけたくない、騒音トラブルに巻き込まれたくないという場合に役立ちます。

業者に防音リフォームを依頼する際の内容や費用

騒音がどうしても気になる、内部から騒音が出てしまうという場合は防音工事が得意な業者にリフォームを依頼するのがおすすめです。
防音工事に特化した業者であれば、それぞれの目的に応じて適切な工事を提案してくれます。
各業者に相談し、見積もりを依頼し、より優れたサービス、費用を提案してくれる業者を選びましょう。

1. 木造住宅で防音工事をしたい

木造住宅は鉄筋コンクリート住宅よりも防音性が低く、そのため、鉄筋コンクリート製の住宅と同じレベルの防音性を求めるのであればリフォーム費用は高額になります。
相場として、鉄筋コンクリート製の住宅の防音工事にプラス500,000円以上はかかると思っておきましょう。
楽器の演奏など、より高い防音性を求められる場合は木造住宅ではそもそも対応できない可能性もあります。
まずはリフォーム業者に相談して、理想の防音工事が可能かどうかを確認しましょう。

2. 楽器の演奏や映画鑑賞を楽しみたい

楽器を演奏したり本格的なホームシアターで映画鑑賞を楽しみたいという場合は防音室を作る必要があります。
すでにある部屋を防音室にする場合は厚い防音材を取り付けなければならないので、部屋が一回り狭くなることをあらかじめ確認しましょう。
防音室のリフォーム工事は150万円から200万円程度が費用相場です。

3. 家の外の騒音を気にならなくしたい

外の電車や車、人通りの音を気にならなくしたい場合は、窓から入って来る音、床から伝わってくる音を防ぐ工事をおこないます。
遮音性の高い窓ガラスにする、二重サッシに変更する、さらに床に遮音性、吸音性の高い素材を設置するといった工事が一般的です。
費用は800,000円から1,000,000円程度かかります。

4. 家の中の騒音が外に響くのを防ぎたい

洗濯機や掃除機の音、子どもやペットが走り回ったり大きな声を出す音などを階下や周囲に響かせたくない場合は床に防音工事をするのが一般的です。
遮音マットを敷く、吸音性の高いカーペットを敷くなどの方法があります。
市販のマットやカーペットよりもさらに防音に特化したアイテムを選べます。
費用は800,000円から900,000円程度となることが多いです。

5. 近所の騒音、家の中の騒音をカバーしたい

近所の人の話し声やペットの鳴き声、生活音などが気になるという場合、家の中で良識の範囲内での映画鑑賞や音楽鑑賞を心置きなく楽しみたいという場合は、壁、窓の防音工事がおすすめです。
防音のために換気扇を特別なものに取り換えたり、防音性の高い窓ガラスに変更したりといった方法があります。
遮音カーテンやカーペットの設置など、他の防音リフォームと比べて簡単にできる内容も多く、工事費用も150,000円から200,000円程度で抑えられるケースもあります。

防音、遮音、吸音の違いを知って適切な対処をしよう

防音、遮音、吸音のそれぞれの違いや防音対策のためにできること、防音リフォームの内容などについて解説しました。
遮音や吸音をおこなうことをまとめて防音と呼びますが、生活音から楽器の演奏、電車の音まで、気になる音のレベルに合わせて防音対策を考えていく必要があります。
自分で簡単にできる防音対策をしてもまだ騒音が気になる、周囲に迷惑をかけてしまうのが心配という方は、防音工事を専門としたリフォーム業者に相談してみましょう。