周囲への影響や雑音を気にせず音楽を楽しみたい場合は、防音室があると便利です。
防音室を設置する方法は業者に依頼するか、DIYのどちらかです。用途や費用を考慮して、最適な方法を選びましょう。
本記事では、防音室をDIYで作成する場合と業者に依頼して作成する場合に分け、それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。

防音室は音楽を心置きなく楽しみたい方におすすめ

防音室は、「音量を気にせずに楽器を演奏したい」「録音しやすい環境が欲しい」「良い音楽に集中して楽しみたい」といった方におすすめの設備です。防音室があれば、外の音を気にせずに演奏したり録音したりすることができます。

防音室は、DIYと業者に依頼する方法のどちらかで作成することができます。機能面や費用面で納得できる防音室を作成するため、それぞれの方法の特徴についてしっかり押さえておきましょう。

防音室の作成には遮音・吸音が必要

防音室の作成には遮音・吸音が必要

まず最初に、防音室の「防音」という概念について考えてみましょう。防音とは、「外部の音が室内に入らず、内部の音が外に漏れない」という概念です。具体的には、「遮音」と「吸音」の2つの機能が必要になります。

遮音と吸音は、具体的には以下のように使い分けされています。

遮音 空気中に伝わる音を遮断する
吸音 音を吸収して反射を防ぐ

防音室を作成するには、遮音対策を基本に、吸音対策を組み合わせなければなりません。

防音室の作成に必要な遮音材

まずは、遮音材について解説します。
遮音とは、具体的には次の2つの状態を指す言葉です。

  • 空気中で伝わってくる音を遮断
  • 外へ音が透過しないようにする

つまり、防音室には上記の2つの機能が備わった遮音材を使用する必要があります。

遮音は防音対策のなかでも、最も基本的な手段です。遮音をするためには、遮音性の高い材料を使って防音室を作成しなければなりません。
重要となるのが、遮音性の高さです。遮音性の高さは素材の重量・密度と比例します。遮音材として用いられるのは、主に鉄板やコンクリート、石膏、比重の高い鉛シートなどです。

なお、遮音性の高い素材は重量が重く材料費も高いため、注意しましょう。また、簡易的な防音室の場合であれば、密度の高い木材を使用されることもあります。

以上をふまえると、DIYで簡易的な防音室を作成する場合、以下のような遮音材を使用するのがおすすめです。

  • MDFボード(Medium density fiberboard)
  • 遮音シート
  • 遮音マット

MDFボードは入手も簡単で、密度が高いため遮音性に優れています。鉄板やコンクリートなどに比べると重量も軽く、施工も比較的簡単です。

また、最も簡単に防音室を作成する方法として段ボールを使用したものがあります。しかし、段ボールには吸音効果はあるものの、遮音効果はほとんどありません。防音室のDIYで段ボールを使用しても遮音効果は期待できないため、注意しましょう。

防音室の作成に必要な吸音材

ここでは、吸音について解説します。
遮音と同様に重要となるのが吸音効果です。前述の通り、段ボールは遮音効果がほとんどないものの、吸音効果には比較的優れています。

吸音とは音の反射を防ぐということです。音の反射を防ぐことによって、室外への音漏れと室内での音の反響を抑えることができます。
なお、吸音できる素材は細かい穴(細孔)が多いです。吸音のメカニズムは下記のようになります。

  1. 細かい穴で音を取り込む
  2. 穴の中で音を拡散させる
  3. 音を吸収する

吸音性が高い防音室では、外に音が漏れないだけではく、室内でも音がクリアに聞こえるのが特徴です。
ただし、吸音性が高過ぎると反響音がなくなります。防音室を作成する際は、好みに合った吸音材を選んでください。

吸音材として利用される一般的な素材は以下の通りです。

  • グラスウール
  • ロックウール
  • ウレタンフォーム

遮音効果のある素材とは異なり、吸音効果のある素材は軟らかいものです。したがって、クッションや段ボールなどが吸音材としての効果が高いといえます。

DIYでの防音室作成方法と特徴

DIYでの防音室作成方法と特徴

防音室を作るには、業者に依頼して作成する方法以外にもDIYで作成する方法があります。
DIYで防音室を作成する方法は、とにかく安価で済ませたいという方におすすめの方法です。しかし、機能面に関しては不安が残るかもしれません。
最適な防音室を作成するため、業者に依頼して防音室を作る場合とDIY、それぞれの方法と特徴について押さえておきましょう。
ここでは、防音室をDIYで作成する方法と、特徴などについて解説します。

なお、防音室をDIYで作成する方法としては、段ボールを使用するのが一番手軽で簡単です。市販品を通販で購入することもできます。ただし、ダンボール製の防音室は防音効果が低く、非常に狭いため、あまりおすすめできません。
そこで、以下では、入手しやすいMDFボードを使用した防音室の作成方法を紹介します。

防音室をDIYで作成する際に必要な材料

防音室をDIYで作成する際、必要な材料は次の通りです。

  • MDFボード:5枚
  • 扉:1個
  • 吸音マット:4枚
  • ジョイントマット:床面分
  • ゴムロール
  • シリコンシーラント
  • 接着剤・釘・蝶番・など

MDFボードは壁と天井に使用します。

なお、MDFボードの種類はさまざまです。なかでも、下記と同等のものがおすすめです。

  • 厚さ15mm
  • 横915mm
  • 縦1825mm
  • 重量:約20kg

上記のMDFボードであれば、ホームセンターで1枚2500円程度で購入可能です。
なお、上記に記載した材料は最も基本的なものなので、凝った構造の防音室を作る場合には他にも材料が必要となります。その点だけ考慮してください。

防音室をDIYで作成する方法

実際に防音室をDIYで作成する手順について見ていきましょう。手順は次の通りです。

  1. ジョイントマットを床面に敷く
  2. 防音室の壁を作る
  3. 防音室の天井を取り付ける
  4. 防音室のドアを作成して取り付ける
  5. 隙間をシリコーンラントで埋める
  6. ドアの合せ目部分にゴムロールを貼り付ける
  7. 吸音マットを壁に貼り付ける

基本的には大きな箱を作ったら隙間を埋めればほぼ完成です。木材を組み合わせているだけなので、そのままでは隙間が多く音が漏れます。その隙間をシリコーンラントで埋めて音が外に漏れないようにしてください。

また、ドア部分についてもゴムロールを貼り付けて隙間を埋める必要があります。
最後に吸音マットを室内の壁に貼り付ければ防音室の作成は完了です。ただし、実際は一人ではできない作業も多く、思った以上に時間がかかるでしょう。

DIYで作成した防音室の特徴

DIYで作成した防音室の特徴として、メリットとデメリットについて考えてみましょう。

防音室を自作するメリットは主に以下の3点です。

  • 安価で作成できる
  • 自分の好きな大きさで作れる
  • 自分の好きな素材を選べる

最も大きなメリットは費用面でしょう。業者に依頼した場合の最も大きな費用は工賃ですが、その分を自分で賄うことができます。しかし、残念ながらデメリットも多いのが自作の特徴です。

自作防音室のデメリットとして考えられることは下記の通りです。

  • DIYに慣れていないと難しい
  • 材料の購入が大変
  • 一人作業では難しい
  • 防音効果は業者に依頼したものよりも低くなる
  • 耐震性に不安が残る

日頃からDIYが好きでよく作業する人なら問題はないかもしれません。しかし、一つの部屋を作る作業は、未経験の人には難しいでしょう。サイズが大きいため一人で作業するのも大変で、耐震性にも不安が残ります。

また、本格的な防音室と同じ素材を使用するとなるとかなりの費用がかかる点も要注意です。
かといって、手頃な素材を使用すれば、高い防音効果は期待できなくなるでしょう。防音室を自作したものの、「防音効果がなくて結局意味がない」ということも起こり得るのです。

防音室作成を業者に依頼した場合の特徴

防音室を業者に依頼して作成してもらう唯一のデメリットは価格が高いということです。それ以外に大きなデメリットはありません。

では、メリットについてはどうでしょうか。考えられるメリットとしては次のようになります。

  • 防音のレベルに合わせて注文可能
  • 材料品質が高い
  • 施工が早い
  • 耐震性に優れている

やはりプロの仕事という点で、防音室を専門業者に依頼するのは安心感があります。自作を検討してから業者に依頼すると、設計の段階で違いを実感するでしょう。
防音を必要とする状況は人によってそれぞれです。たとえば、夜中にピアノを弾いたりドラムを叩いたりするのと、昼間にアコースティックギターを弾くのとでは、必要となる防音レベルは全く異なります。
業者に依頼すれば、設計段階から必要な防音レベルに応じた提案が可能です。

さらに、防音室を作成するときの材料に関しても、業者ならではの良い素材を安く入手することができます。ホームセンターで材料を揃えるのとはレベルが違うので、その点でも安心です。

また、プロが施行を行うので、仕事は丁寧で早いのは当然と言えます。DIYとは施工方法そのものが違う可能性もあり、ある程度大きな地震が来ても安心です。

防音室のDIY作成はおすすめできない

本記事では防音室作成について詳しく解説しました。音量を気にせずに自宅で音楽を楽しみたいという方向けに、自宅に防音室を作成するという方も増えています。

防音室を作成する方法は、以下の2種類です。

  • DIYで自作する方法
  • 業者に依頼して設計から施工までを任せる

もちろん、DIYで作成すれば費用は抑えられるでしょう。しかし、DIYで部屋を作るということは思っているよりも大変な作業です。慣れない人がチャレンジすると時間や手間がかかるだけでなく、仕上がりにも満足できない可能性があります。

また、防音性や耐震性なども考慮した場合にも、業者に依頼する方が確実です。人によって、求める防音レベルはさまざまです。

防音室を必要とする状況にもよりますが、しっかりした防音効果を求めるのであれば、経験豊富な専門の業者に作成を依頼する方法がおすすめです。