ドラム防音室

音楽業界の最前線を支える、プロドラマーの自宅ドラム防音室

防音室でドラムを演奏している男性

■ 24時間いつでも演奏可能。プリプロなども想定したスタジオ

日本を代表するビジュアル系バンド「 A9 」のドラマーである Nao さんのドラムスタジオを施工させて頂きました。長時間の演奏にも影響がないよう各周波数に幅広く平均的に吸音力を発揮させています。残響時間も、空間容積に対する弊社推奨値通りの結果となりました。

防音室の内観
入り口ドアです。斜めに設置する事により、音の反射経路の複雑化に貢献します。また大きめのFIXガラスからも、斜めに取り付けた事でスタジオ全体が見渡せます。
防音室の防音扉
サウンドロックです。斜めに取り付けたSDは、平行面反射を避ける事で防音性能を向上させています。
防音室の天井と照明と空調機
天井はプレイヤーが照明などの突起物を気にする事なく、スティックを振り上げられる用にダウンライトを採用しています。
防音室の中にあるドラムとピアノ
黒色のフローリングは、お客様にご指定頂きました。白、ライトグレー、黒のお部屋。コントラストがはっきりしたモダンな空間に真っ赤なドラムが映えて、すごくかっこいいですね!!
防音室の中にあるドラムとギター
すっきりと楽器を収納する為、ギターネックハンガーを取り付けています。
開いている防音室の扉
ステンレス製の特注スイッチプレートです。シンバルを加工した時計もかっこいいですね。
鏡とドラムとピアノのある防音室
鉄のドアや鏡など、高域を反射しやすい材料は一面に集め、反射面として設計しました。反射音、音の返りが気持ち良い空間となったようです。

ドラム防音室

木造二階建ての電子ドラム防音室

電子ドラム
電子ドラムスタジオ

■ バンドメンバーのDTMスタジオとしても使用

新築木造家屋2階での施工です。生ドラムの防音室と比べ遮音構造としての性能は低くなりますが、ご自身の演奏を電子ドラムからスピーカーを介して大音量で出力する為、当然それに耐えうる構造でなければなりません。今後はバンドメンバーのギターやベースのダビング、DTMのスタジオとしても使用されるようです。

ドラム防音室

新築一戸建てにドラム防音室&コントロールルーム

防音室の天井
防音室の床
防音室の内壁
防音室の内装

■ バンドメンバーのDTMスタジオとしても使用

新築建物の工事完成に合わせてドラムスタジオを造りました。またコントロール・ルームを設けることで、レコーディングスタジオとしても機能します。今回のお客様は、プロの音響の仕事をされている方で、部屋の音響(ルームアコースティック)について何度もお話を重ねながら施工させて頂きました。