• 所在地:東京都 北新宿
  • 使用楽器:クラシックギター、ピアノ、他
  • お部屋の広さ:12.1帖(20) ※内側有効寸法

機械式駐車場をリノベーション。木の温もりが感じられるギター、ピアノの為の防音室。

マンションの駐車場の利用者が少なかった場所を、防音室としてリノベーションしたいとご相談を受けました。

音大に通うお嬢様のクラシックギター、ピアノの演奏を想定した空間です。

もともとは機械式の半地下の駐車場だった為、弊社で新たに階段を設計しました。

おかげで天上高を高くすることができ、お部屋の響きにも有効な、広々とした空間ができました。

カフェをイメージしたこだわりの内装

防音室の中には、奥様のご要望でキッチンも設置いたしました。

プライベートな練習スペースだけではなく、ゆくゆくはレンタルスペースの利用もお考えのようです。

デザインはお施主様のご要望を存分に取り入れ、シンプルながらもこだわりの感じられるキッチンに仕上がりました。ライトなどはデザイナーズ仕様の物も使用しております。

また、工事前には水のトラブルの対策として、事前に地下ピットの確認や内部のX線検査も実施し、お引き渡し後も問題が起きないよう徹底して対策を施しました。

 

 

お部屋に合わせて家具も制作

お部屋に合わせて制作したベンチシートは、収納もできるよう工夫しました。

楽譜や機材などを収納できるよう設計しております。
長く防音室を使用するにあたって、様々な用途に対応できるようになっております。

自然素材の利用

防音室の天井や腰回りには杉の木材を使用しました。
熟練の大工が一つひとつ丁寧に貼り合わせて、美しい仕上がりになりました。

壁は左官職人にお願いし、漆喰で仕上げました。
見た目の良さや調湿効果もさることながら、表面の凹凸が防音室内の反響にも良い影響をもたらします。

漆喰の壁
モノトーンの階段
窓からはやわらかな自然光も入ってきます

施工前には図面とパースをご用意、時間をかけてお打ち合わせ

図面
弊社でご用意したパース図
完成した写真①

外観

防音室、正面から
車寄せには新たにポールを設置
防音仕様の換気設備
開閉可能な防音窓
弊社オリジナルの防音ドア
お部屋は2重構造になっており、2枚の防音ドアを使用しています

以前はマンションの一室で演奏されていましたが、音漏れをずっと気になされていました。

今回、防音室を手に入れたことで音漏れのストレスから解放され、のびのびと演奏することができているようです。

お嬢様は音大に在学中ながらCDデビューもされているそうで、帰宅した後、夜でも気兼ねなくのびのびと演奏されていると伺いました。


工事風景

解体前の立体駐車場
解体業者による作業風景
コンクリートの打設の様子
軽量鉄骨を組んでいきます
断熱材の入れ込み作業
収納式ベンチシートの作業
杉板を貼り合わせます
天井にも杉板を貼ります
はめ込み窓の制作風景
左官による漆喰の塗り作業
車寄せのポールの設置作業

お引き渡しを終えて

プロ・アマ問わず、様々な方々からご依頼を頂く中で、弊社の防音室をご利用されてご活躍させている姿をお見受けするのが我々の大きなモチベーションになっております。

おかげさまで大変忙しくさせて頂いている状況ではございますが、ひとつ一つ丁寧にご意見を伺い、お客様に寄り添いながらお仕事をさせて頂いております。

施工事例が多くございますので、予算や内装など、お気軽にご相談ください。