ダンススタジオを開校する場合、気をつけなければならないのが防音対策です。
防音対策がしっかりしていないと、近隣住民に迷惑がかかるうえに苦情が来てしまう恐れがあります。

すぐに対処しないと最悪の場合、ダンススタジオの経営を続けていくことが難しくなる可能性もあります。
またダンススタジオの評判は集客にも直結するので、防音対策には注意を払う必要があります。

この記事では、ダンススタジオの防音対策について詳しく解説します。

ダンススタジオに必要な防音対策とは

ダンススタジオに必要な防音対策

ダンススタジオでは、防音対策が不可欠です。
しかし一口に防音対策といっても、ダンススタジオでは複数の騒音に対する対策が必要となります。

では、それぞれの騒音に対する防音対策について見ていきましょう。

空気伝播音

ダンススタジオでまず考慮すべきなのは、「空気伝搬音」です。
空気伝搬音とは、空気中を伝わって聞こえる音のことです。
ダンススタジオでは音楽を使ったレッスンを行うことが多いため、空気伝搬音に対する防音対策が必要となるでしょう。
防音ドアを設置することで音漏れを防ぎ、空気伝搬音による騒音を減らすことができるはずです。

防音ドアには、通常の扉にはないゴムパッキンが使われており、空気の振動を遮断することで空気伝搬音をスタジオの外に伝わらないようにするのに役立ちます。
簡易的な防音ドアの場合には30dB程度、ダンススタジオなどに設置する音楽用の防音ドアは55dB程度の音を軽減することが可能です。
ピアノのようなかなり大きな音でも音漏れを大幅に抑えられるでしょう。

固体伝播音

空気伝搬音に加えて、固体伝搬音にも注意を払わなければなりません。
固体伝搬音とは、建物の床や壁に振動や衝撃が伝わり、それが音になって聞こえるものです。

ダンススタジオの場合、ステップやジャンプによって床への振動が多くなることが予想されます。
とくにアパートやマンション、テナントなどを利用してダンスレッスンをしているようなケースでは、階下の住民から固体伝搬音への苦情が出てくることがあります。
そのため、固体伝搬音への対策も不可欠です。
固体伝搬音への対策としては、建物の強度を向上させること、緩衝材を使うことなどが考えられます。

床への対策

ダンススタジオでの防音対策で重要なポイントとなるのが、床への対策です。
ダンスはステップを踏んだりジャンプをしたりするため、床への衝撃が大きく、固体伝搬音によって階下の住民から苦情が来るケースがあります。

ではダンススタジオの床の防音対策について見ていきましょう。

防音マット

もっとも簡単な防音対策として挙げられるのが、防音マットです。
防音マットは敷くだけなので簡単に防音対策が行え、しかも高性能なマットであればかなりの音を軽減できます。
ゴムでできているので弾力性があり、衝撃を吸収することが可能です。
ダンスでステップやジャンプをしても、その衝撃が床に伝わらないので固体伝搬音が発生しにくくなります。
さらに防音マットは、内部に適度な空気の層を有しており、ここでも衝撃をしっかり吸収するため、遮音性と防振性の両方を兼ね備えた対策です。
ダンススタジオはもちろん、ライブハウスやトレーニングジム、ボクシングジムなどでも導入されています。

防音マットの厚さもさまざまで、安価で導入しやすい3mmや5mmのものから、防音性に優れた20mmのものまであります。
価格とどの程度の防音性が必要かによって購入する製品を決めるとよいでしょう。

浮遮音構造

床の防音対策として挙げられる別の方法が浮遮音構造というものです。
浮遮音構造は、その名の通り床や天井、壁から一定の距離を置いた場所に別の床や天井、壁を設置し、一回り小さな部屋を作ることで、遮音するものです。
ダンススタジオでは、音や衝撃が直接床や天井、壁に伝わり、それが音となって隣や階下の部屋に聞こえます。
そのため、床や天井から浮いた場所に仕切りを設けることで、固体伝搬音を小さくすることができます。
とても効果の高い方法ですが、工事が複雑になりややコストもかかる点に注意が必要です。

反響への対策

ダンススタジオの防音対策は、振動だけではありません。
ダンススタジオでは、大勢の生徒に音楽がしっかり聞こえるようにするため、大音量で音楽を流すことがあるため、反響への対策も必要です。

では、反響への対策について見ていきましょう。

部屋の形状を変化させる

ダンススタジオで反響の対策となる一つの方法は、部屋の形状を変化させることです。
真四角の部屋の場合、大きな反射面が平行して存在するため、反響が大きくなる傾向があります。
結果として、音楽を流すと不快な反響が生じたり、音質が悪くなったりします。
とくにダンススタジオは、鏡が壁一面に設置されていることが多いので、より反響しやすい環境といえます。
そこで、平行する壁の形状を屏風折にするなどして部屋の形状を変化させることで音を拡散させることができます。
部屋の形状を変化させるためには大掛かりな工事が必要ですが、拡散体を使えばそれほど大変ではありません。

拡散体を壁に取り付けるだけで、簡単に反響音を抑えられます。
多少費用がかかりますが、工事を行う手間を考えるとより手軽な方法といえるでしょう。

吸音パネルを取り付ける

反響音が大きい場合に取り入れられる別の方法は、吸音パネルの設置です。
壁に貼り付けるだけで反響音を抑えられるのでとても人気があります。

吸音パネルというとウレタンの吸音材などがよく知られていますが、現在ではデザイン性の高い吸音材も販売されています。
そういった製品を選べば、ダンススタジオの雰囲気を壊さずに対策が行えます。

施工工事の流れと手順

ダンススタジオの防音対策では、多くの場合工事が必要となります。
では施工工事の流れや手順について見ていきましょう。

1. お問い合わせ・相談

まずは、防音工事を専門としている業者に問い合わせ、相談することから始めましょう。
ダンススタジオであることをしっかりと伝え、どのような防音対策を希望しているのか伝えることが重要です。

2. 現地訪問・打ち合わせ

次は、実際に業者に現場まで来てもらい、打ち合わせを行います。
業者としても、実際に現場の状況を見てみないとわからないことが多いので、ここでおおよそのプランが立てられると考えておきましょう。

現地を見た結果、いくつかのプランが出てくるかもしれませんし、施工できないという結論になるかもしれません。
自分が思いもしなかった方法を業者が提案してくれることもあるので、不安に思っていることや希望などをまとめておくとよいでしょう。

3. 見積もり

現地調査と打ち合わせ後、業者はプランを立てて見積もりを出します。
プランの内容はもちろんのこと、費用や施工期間などもしっかりチェックしましょう。

4. 契約・施工

見積もりの内容に問題がなければ、契約となります。
契約後は、施工が行われ、引き渡しへと進みます。

引き渡しの前には、防音対策が希望通り行われているかを測定することが重要です。
引き渡しの際に、自分が求めているレベルの防音対策が実施されているかを確認しましょう。

防音対策の事例紹介

防音対策の事例
ダンススタジオの防音対策は、立地や階にもよるため、さまざまなパターンがあります。
ここで、ダンススタジオの防音対策の事例をいくつかご紹介します。

1. 既存のダンススタジオのリフォーム

福島県にあるダンススタジオは、既存の建物を外装なども含めトータルリフォームしました。
トータルリフォームで防音対策を講じれば、一気に工事を行うことが可能です。

建築音響を専門に行う昭和音響では、天井を高く取りたいというオーナーさんの希望を叶えるため、埋め込み式で防音仕様のダウンライトを設置しました。
防音仕様のダウンライトを使うことにより、遮音性能が高まり有効な防音対策となります。

2. ビル地下の貸しダンススタジオの施工

高田馬場にあるビルの地下一階のダンススタジオの施工と防音対策の例です。
現地調査を行い、想定される音圧を計算すると、地下一階でも十分遮音性が確保されるということが分かりました。
結果として大規模な防音対策を行わなくてもよいという判断となり、施工費用を大幅にカットすることができました。
どんな防音対策を講じるかを調査に基づいて決定することも、業者の重要な仕事となります。
ビルの地下にダンススタジオを設置したい場合、費用が気になる方も多いことでしょう。地下で施工したり、防音対策を施したりする場合には、多額の費用がかかるケースもよくあります。

昭和音響では、しっかりとした現地調査をいたしますので、費用を抑えることが可能になる場合があります。
昭和音響が行ったダンススタジオの施工例は、ダンススタジオの施工例ページをご覧ください。

ダンススタジオの防音対策は費用対効果を考えて決めよう

ダンススタジオでは多くの場合、防音対策が必要となります。
しかし、どの程度の防音を希望するのか、費用はどのくらいかかるのかといった要素を考慮して、施工内容を決めるべきです。
業者に適宜相談しながら、できるだけ低予算でよい効果が得られる防音対策を探すようにしましょう。

昭和音響ではダンススタジオの防音施工を行っております。
設計から施工までワンストップのため、リーズナブルな費用でのサービス提供が可能です。
引き渡しの際には必ずJIS規格の音圧測定を行い、遮音性の確認をしていただいております。
ダンススタジオの防音対策をお考えの方は昭和音響までご相談ください。